セキュリティの高い自立立体駐車場

犯罪発生の抑止にもおすすめ

自走式駐車場の特徴とメリット

time 2021/03/03

自走式駐車場の特徴とメリット

自走式駐車場とはその名前の通り、運転手の方が自分で運転して駐車するタイプの駐車場です。基本的には2階建て以上の駐車場を指す言葉です。自走式でない機械で車を出し入れする機械式駐車場と明確に区別されます。自走式駐車場は2階建ての物とそれ以上のものでは特徴に違いがあります。

2階建ての場合、2階部分に屋根を設置しないことで費用を抑えるケースもあります。賃料は1階の方が高く、2階の方を安く設定されるのが一般的です。3階建以上の自走式駐車場では入り口にバーが設置され、最上階には屋根があるケースとないケースがあります。スーパーやデパートの駐車場では駐車料金が設定されることもあり、入り口のバーを通る際に駐車券が発行されます。

その駐車券と駐車時間に応じて駐車料金が決まる仕組みです。施設で買い物を行った場合は駐車料金が無料になる仕組みを採用しているところも多いです。機械式駐車場と違って利用者は自由に出し入れを行えるため、こういった仕組みが取られます。自走式駐車場の大きなメリットは複雑な設備が不要となることです。

車を出し入れする機械を用意する必要がなく、その機械を操作する人件費も必要ありません。スペースを最大限に利用できるのも特徴です。デメリットは駐車場で事故が発生する恐れがあることです。あくまで人の手で駐車を行う以上、事故のリスクはあります。

特に狭いスペースに強引に設けたような駐車場では事故が起こりやすくなってしまうので気をつけておきましょう。自走式立体駐車場のことならこちら

down

コメントする